「ネットで車の査定?」妻は笑ったけど、
手に入れた複数の買取店の査定額が
  5万、10万と違うことに驚いて・・・


ハジメテでも、忙しくても、愛車を高く売るコツ

ハジメテでも、忙しくても、愛車の査定が 3万、5万、10万円以上高くなった と喜ばれてます。

理由はカンタン。 たった数分のカンタン入力で、ガリバー等の複数の買取店が愛車の査定を競う 仕組みがあるから。

ネットで利用でき、煩わしい交渉も不要なので、車に詳しくなくても大丈夫。 面倒な相場調べも不要です。

買取店の査定を比較するから、ナットクの愛車の価値が分かります。

あなたの愛車で試そう!愛車無料一括査定のメリット!

ご利用されると、カンタンさに驚かれると思います。
「査定って、こんなに簡単だったの?」 とビックリする方も多いです。

昔と違う!今の中古車買取りの情勢

中古車の買取りも競争の時代 です。 愛車の価値を、たった一つのお店の「言い値」に ゆだねるのは、もったいないです。

昔は、クルマを手放すといえば、「下取り」か「廃車」くらいしか選択肢がありませんでした。

でも、今は違います。

ガリバー、ラビット、カーチス、カーセブン、・・・など、有名買取店から地元密着型の買取店まで、たくさんの中古車買取店があり、中古車買取は競争の時代となってます。

事故車・不動車や低年式車も売れてる

昔なら廃車しかなかったような 事故車・水没車・走行不能車・低年式車・多走行車 なども無料で査定が受けられて、しかも買取されてます。

事故車・不動車などを査定・買取する専門業者もあるほどです。

それには理由があります。

一つは、愛車無料一括査定などのインターネットのサービスが、従来は見落とされていたニーズと、中古車を結び付ける仕組みが整ってきたため。

中古車としての価値がなくなったとしても、部品取り車として価値があることも。

そしてもう一つは規制緩和で活発になった、日本の中古車の輸出です。 途上国など海外で日本の中古車が人気 です。

日本の中古車が人気なのには理由があります。

一つは、クルマを大事に乗る日本人の気質。 さらに、車検制度などによる品質管理。 また、道路舗装率が高く、車の負担が少ない利用環境もポイントです。 もともと、日本車が人気だということも忘れられないですね。

そんなこんなの背景から、昔なら見向きもされず廃車となったクルマが、全国あるいは世界に活躍の場を見つけて買取されていってます。

買換えならポイントは「値引き」より「買取り」

愛車の買換えなら「値引き」を狙うより、愛車の「買取り査定のアップ」を狙ったほうが、合理的でしょう。 忙しい人や、交渉が苦手な人、ハジメテの人などは特に。

たとえ駆け引きや交渉に自信がある人でも、どんどんクルマが売れた昔と違い、ディーラーでも苦しいので、大きな値引きは難しくなってます。

それでも、決算前や月末、ボーナス商戦など、売り急ぎたいタイミングを狙えば、それなりに得るものはあるでしょう。

ただ、時期をうかがいすぎて、愛車の価値が下がってしまっては、逆にもったいないです。 愛車の価値と見合いながら、買換えのタイミングをはかりたいところです。

買換えなら、ローン選びも重要なポイント

販売店のオートローンを利用すると手続も楽で、カンタンかもしれませんが、若干金利が高いかもしれないです。

あなたの信用なら、もっと安い金利でローンが組めるかも。 銀行などの自動車ローンやマイカーローンの場合、確かに手間はかかるかもしれませんが、そのぶん金利で得できる可能性がおおきいです。 金額が大きいほど、返済期間が長いほど、大事なポイントですので、ローン選びも手を抜かない事がだいじです。

補助金や減税もチェック

エコカー減税やエコカー補助金が話題になったことで、補助金や減税の存在も一般的に知られるようになりました。

とはいえ、2010年9月にエコカー補助金が終了してからは、話題性も少なくなり、忘れられつつあるのかもしれないですが・・・。

減税や補助金は意外にいろんなものがあります。時期や条件などでも異なってきますので、販売店などにしっかり確認したいですね。

自動車保険も競争の時代

車の買取だけじゃなく、自動車保険も競争の時代です。

人気自動車保険は、昔と顔ぶれがかなり変ってます。 外資系保険やダイレクト保険、通販型保険の人気がすごいです。

でも、いろいろな保険がありすぎて自分にはどれが1番なのか分かりにくいのも確かです。

ところが、インターネットが保険の比較をカンタンにしてくれました。 保険の一括無料見積サービスです。

ネットからの簡単入力で、あなたの愛車の保険の見積を比べる事ができます。 各社の保険料の違いにビックリするかも。

自動車保険の更新や加入は、年に一度の大きな節約チャンスかも。

車検のこと

自動車車検も規制緩和で昔とかなり変わりました。

愛車の車検を自分で行うユーザー車検をはじめ、選べる車検が多様化してます。

とはいえ車に詳しくない人ほど、格安車検には注意が必要です。 整備までしっかりやっていた従来型の車検と違い、ほとんど整備しないで車検だけ通すものもあるので、その後のメンテが必要になる場合も。

車検の際に整備のしすぎも困りますが、車検の後にすぐ部品交換が必要になるという事態も面倒です。

理想的には車検の際に、必要な整備を分かりやすく説明してくれて、整備の要否をユーザー本人が選べる仕組みならナットクです。

安いだけでもなく、整備のし過ぎの心配もない、そんな車検を利用する事が、車に詳しくない人の賢い車検術です。

ところで、車検前って、「そろそろ車の買換え」なんてことも頭をよぎります。

車検を通してまた今の愛車を2年間乗り続けるか?思い切って買い換えるか?

愛車の今の価値が分かれば、その判断も合理的にできます。

売るかどうかは価格しだい。 気軽にできるネットの愛車無料一括査定で、愛車の価格チェックからためしてみるのが賢いやりかた。

予想外の高値に、乗換機運が一気に加速するかも。



気になる記事ピックアップ

13年落ち事故歴ありも売れた
13年落ちの事故集履歴ありの軽自動車が売れました。当初は車検を通そうとしたけど、要整備が多いので思い切って手放すことに。無料一括査定を試しました。案の定、「査定ゼロ」の店もありましたが、買取に応じる買取店も見つかりました。廃車費用がかかりかねない古い愛車でも、買取する店を探すのが意外にカンタンなんだなぁ実感したのでした。

ミッションの違い
マニュアル車はどんどん数を減らし、代わりにオートマ車がほとんどとなりました。オートマ車は運転が楽ですからね。でも、マニュアル車のギアチェンジも、たまにやると楽しいものです。車を運転しているという実感がより強く感じられます。たまにはマニュアル車もいいですね。

あなたの愛車と同じ車はない
新車ならともかく、中古車の場合は同じクルマは存在しないです。どのクルマもオンリーワンですね。なぜなら、車種・モデル・年式・カラー以外にも、走行距離・事故暦・車検期間・ワンオーナーか?・装備・社外パーツ・メンテナンス・・・などなど様々な組合せが考えられるからです。そう考えると愛車価格の相場調べは骨の折れる作業です。似た条件の車の価格を調べですからね。愛車無料一括査定ならそんな手間もなく査定比較ができるので便利です。

車の買取と書類
愛車を売る場合必要になる書類があります。例えば車検証や自賠責保険、税金の納付書などです。引越ししてたり結婚などで苗字が変わっていたりすると、名義の関係などで必要書類が増えることもあります。買取りをお願いするなら、まずは車検証などのチェックをし、さらに必要な書類がないかをお店の担当の人に確認しておきましょう。不足書類は再発行してもらわなければならないことも。

シャシの穴
立会い車検の説明で、シャシの一部がサビのため穴になってるところを指摘されました。穴の周りはサビでボロボロ。シャシは部品取換えできないところなので、板金でしか直せないとのこと。サビ止めの塗装を、怠っていたことが原因のようです。塗装って結構大事ですね。

再生バッテリーで節約
バッテリー交換に再生バッテリーを利用するというのも賢い方法です。格安なので能力アップも楽々。節約しながらより快適な電気環境も。バッテリー専門店の信頼のある再生バッテリーを通販で利用すると、バッテリー交換は自分でしなければなりませんが、得られるメリットはそれ以上でしょう。バッテリ交換は意外に簡単ですし、けっこう自信につながります。

速度の不思議
軽自動車も含めてほとんどのクルマが、公道や高速道路の制限速度よりはるかに大きいスピードを出せる仕様になってます。国内のどこでも出すことができないはずのスピードが出せるというのはある意味矛盾したことのように思いますが、慣れてるためか当たり前のことなんですよね。

ワンオーナーのクルマ
ワンオーナーのクルマのほうが査定で有利になることがあります。中古車購入のときも、販売員がワンオーナーをアピールすることもあります。ワンオーナーには価値があるということですね。ワンオーナーとは新車から買取りにいたるまでオーナーの変更がなかったクルマのこと。中古車で購入して手放したクルマはワンオーナーではないです。オーナーを渡歩いた車のほうが、メンテナンスが悪いと見られてるということでしょうかね。

査定前に洗車・掃除
愛車の詳細な査定を受けるときは、愛車をしっかりきれいにすることをおススメします。なぜなら査定員の印象によっては、査定に影響があるかも。例えば、クルマが散らかってたり汚れていたら、いつもガサツに扱っていたと思われ、その分しっかりチェックされるかも。最後の感謝の意味もこめて、愛車をシッカリ洗車・掃除してあげれば、その努力は査定額として報われるかも。

マフラーのカラカラ音
段差で愛車のハラを擦ってしまいました。そしてその後から、ときどきカラカラという音がするようになりました。整備工場に行って調べてもらうと、マフラーにつながる排気管の固定部で、サビで弱っていた部分がねじ切れてました。でも整備士さんの機転で針金で固定できたので、あっという間に直ったのでした。

中古車買取り

軽自動車/kei

コンパクトカー/ハッチバック

セダン/SEDAN

ワゴン/WAGON

ミニバン/MINIVAN

SUV

クーペ/オープン

other type

トヨタ/TOYOTA

日産/NISSAN

ホンダ/HONDA

マツダ/MAZDA

スズキ/SUZUKI

ダイハツ/DAIHATSU

・三菱車・

・スバル車・

・その他の車・

リンクについて

コラム

お問い合わせ

ご意見・ご感想・お問合せ等はコチラ ≫

サイボウズ使いこなし術
Copyright © 2011 ハジメテの愛車買取りで大成功!秘訣はカンタン無料の一括査定. All rights reserved